上海モーターショーのレポートです。

2013年はホンダがいろいろと発表し、中国市場でのビジネス拡大させるようですね。

スポーツイメージが強いホンダですが、近年は多人数乗車のミニバンも力を入れています。

広い車内空間でおもてなしするのが中国流ということで、ビッグセダンと並びミニバンも人気があります。

コンセプトMということで、まだまだ市販型ではありませんが、まずこれはオデッセイとしてデビューするのではないでしょうか。

もちろん日本発売もあるでしょうね。

CRIDERと名付けられたセダンです。

これは中国専用モデルでしょうか。

やはり中国市場はセダンが好きなようですね。

こちらは新型JADEです。

ちょっと背の高いステーションワゴンのような形ですが、おそらくストリームの後継とされるもの。

日本でもJADEとして販売されるのでしょうか。

3列シートはたぶんありません。

たっぷり荷物が乗り、走りもしっかりのワゴン車は、以前ほど売れなくなりましたね。

デザイン的にも日本でそのまま販売できそうな雰囲気はあります。

こちらは理念S1です。

ホンダのHマークがありませんが、これはホンダの現地立ち上げブランドの車種ですね。

未塗装のプラパーツが多くて、ちょっと安っぽいです。

デザインもなんか古臭く感じてしまいますが、これが中国でウケるトレンドでしょうか。

69800元から販売ということなので、100万円を超えるぐらいですね。

それでも中国の一般的な所得からすれば、まだまだ高いですが、都市部の大手企業で働くような人達からすれば、手が届きやすいのかもしれません。

エンジンは1.3Lと1.5Lということですから、手頃なコンパクトセダンとなります。

広州ホンダが新型車を発表

クラウンを買って損をした

ホンダが中国で展開する低価格車

ミラトコットを無料で借りる

ホンダの中国戦略

ホンダ車は中国で人気があるのか

NSXの普通のアクセル

エルグランドのブレーキ

ホンダの電気自動車

20年ホンダ車に乗ってみた

お金があったのでCクラス

ホンダもローコストカーを作る

エンジンのホンダ

東風本田のモーターショー

近年のホンダはシャシー技術が良い

ホンダフィットがデビュー